『現代の魔法使い』落合陽一氏の特別講演会を開催します

『現代の魔法使い』落合陽一氏の特別講演会を開催します

『現代の魔法使い』落合陽一氏(筑波大学 学長補佐・准教授、デジタルネイチャー推進戦略研究基盤 基盤長)をお招きして特別講演会を開催します。聴講自由ですので、学内・学外の皆さんはぜひご参加ください。

本講演会は博士課程教育リーディングプログラムの授業(バトンゾーン特論)として開催するもので、学生自らが企画したものです。本企画は、リーディングプログラム履修生の情報・知能工学専攻 近藤亮太さんらによるものです。

 

日時: 平成30年7月9日(月) 16:30~18:00

場所: A棟101号室

演題: 多様性のための視聴触覚テクノロジー

概要: 成熟社会と人の能力多様性を包摂可能な社会を目指すため人の空間認識能力の補完(見ること・聞くこと・触ること)と空間干渉能力の補完(物を動かすこと・音と光で情報を伝達すること・体を動かすこと)の統合を研究者のコラボレーションによって目指している。具体的には、身体ロボティクス・視聴覚・触覚に対して入出力の機械学習システムによるつなぎ込みと実環境に耐えうるロバストな接続方法について試作及び実地検証などの事例を紹介するとともに近年のアートとテクノロジーの融合した視座から見た論考を紹介する。

 

※本講演の録音・録画・ストリーミング・アーカイブを禁止いたします。