組織

組織

 学長の下にリーディング大学院推進機構を設け、包括的・総合的運営にあたるとともに、その下にリーディング大学院推進会議を設けてアクションプログラムの企画・立案を行います。この推進会議メンバーは、本プログラム担当者で構成し学位審査にあたる他、各担当者は、学術、企業、国際化の3つのグループに分かれ、本プログラムの企画推進専門部会や、学生の選考、育成に関わるリーダー選考会議に所属して、具体的な計画を遂行します。

 また、これら組織とは別に、プログラム自体の評価専門委員会や、産業界・企業のトップ、学識経験者等からなる学長の諮問機関であるアドバイザリーボードを設け、学長を中心としたPDCA(プラン・ドゥ・チェック・アクション)マネジメント体制を確立します。

 学内教員から本プログラム担当者を指名すると共に、浜松医科大学から医学系教員を客員教員として招聘する他、国内外の著名な大学から、本プログラムで実施する融合研究推進のための教員をグループ指導教員として招聘します(客員教員)。さらに、企業からの教員として、連携・協力企業等の産業界から教員を招聘します。これら学外教員は主に客員教員として招聘しますが、研究テーマの内容によっては、特任教員あるいは特命教員として配置し、学生の教育研究を支援していきます。

 

3-1組織(2014版)