トップページ

豊橋技術科学大学
博士課程教育リーディングプログラム

ブレイン情報アーキテクトの育成

博士課程教育リーディングプログラムは、博士前期課程および後期課程からなる5年一貫の学位プログラムです。豊橋技術科学大学では「超大規模脳情報を高度に技術するブレイン情報アーキテクトの育成」を目指しており、ゲノムから脳、個人・社会に至る多様な脳情報に対し、センシングやシミュレーション技術を駆使して脳科学の課題解決に直接結びつけ、脳に学んだ新しい原理を新規のエレクトロニクスデバイスや情報処理方式に展開できる人材「ブレイン情報アーキテクト」を世界に先駆け養成します。(もっと見る)

News

記事一覧

上田修功氏による特別講演会を開催します

上田修功氏(NTTコミュニケーション科学基礎研究所 上田特別研究室長 NTTフェロー)をお招きして特別講演会を開催します。学内関係者限定で聴講自由となっておりますので、関心のある方はぜひお越しください。(もっと見る)

Martin S. Finkbeiner氏による特別講演会を開催します

Martin S. Finkbeiner氏(Fraunhofer IPA)をお招きしてリーディング特別講演会を開催します。学内外を問わずオンラインで聴講自由となっておりますのでぜひご参加ください。(もっと見る)

2022年度開発リーダー特論を開催します

産業技術総合研究所の方々を講師にお迎えし、2022年度開発リーダー特論を開催します。リーディングプログラム履修生向けに開講されるものですが、席に余裕がありますので、講義の部分は本学の学生および教職員の皆さんも聴講いただけます。(もっと見る)

プログラム履修生が脳科学の知見を学べるラップ(Rap)を制作しました

プログラム履修生が、脳科学の知見を学べるラップ(Rap)を制作しました。これは、これから脳科学を学んでみたいと考える初学者が楽しく音楽で学ぶことを目指した教材で、解剖学的に脳の機能を概観した「概論」という位置づけで制作したものです。制作にあたっては、履修生が作詞、収録、編集を自らの手で行っています。(もっと見る)

ポスター

下記ポスターをクリックしてプログラムツアーをお楽しみください(プログラム履修生の作品です)。

   私たちは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています
© 2020-2022 国立大学法人 豊橋技術科学大学