トップページ

豊橋技術科学大学
博士課程教育リーディングプログラム

ブレイン情報アーキテクトの育成

博士課程教育リーディングプログラムは、博士前期課程および後期課程からなる5年一貫の学位プログラムです。豊橋技術科学大学では「超大規模脳情報を高度に技術するブレイン情報アーキテクトの育成」を目指しており、ゲノムから脳、個人・社会に至る多様な脳情報に対し、センシングやシミュレーション技術を駆使して脳科学の課題解決に直接結びつけ、脳に学んだ新しい原理を新規のエレクトロニクスデバイスや情報処理方式に展開できる人材「ブレイン情報アーキテクト」を世界に先駆け養成します。(もっと見る)

News

記事一覧

入試情報

2023年4月に大学院博士課程(前期・後期)1年次に入学・進学する方を対象に、プログラム履修生を募集しています。詳細はこちらをご覧ください。

先輩からのメッセージ

金田礼人 (機械工学専攻修了)
九州大学

金田礼人 (機械工学専攻修了)
九州大学

《 博士進学への悩み 》

このページを見ている学生の中には、博士への進学を悩んでいる方もいるでしょう。私も当時は同じように悩んでいました。自身にとって博士進学が良いものになるかどうかは、結局のところ社会情勢や研究室選びなど運の要素が大きいです。悩んでいてもどうせ解決しないので、とりあえず進学してから考えましょう! 本プログラムのような経済支援が得られる機会は、博士課程全体でもまだ多くはありません。チャンスがある内に挑戦しましょう! (もっと見る)

プログラム履修生が脳科学の知見を学べるラップ(Rap)を制作しました

プログラム履修生が、脳科学の知見を学べるラップ(Rap)を制作しました。これは、これから脳科学を学んでみたいと考える初学者が楽しく音楽で学ぶことを目指した教材で、解剖学的に脳の機能を概観した「概論」という位置づけで制作したものです。制作にあたっては、履修生が作詞、収録、編集を自らの手で行っています。(もっと見る)

ポスター

下記ポスターをクリックしてプログラムツアーをお楽しみください(プログラム履修生の作品です)。

   私たちは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています
© 2020-2023 国立大学法人 豊橋技術科学大学