トップページ

豊橋技術科学大学
博士課程教育リーディングプログラム

ブレイン情報アーキテクトの育成

博士課程教育リーディングプログラムは、博士前期課程および後期課程からなる5年一貫の学位プログラムです。豊橋技術科学大学では「超大規模脳情報を高度に技術するブレイン情報アーキテクトの育成」を目指しており、ゲノムから脳、個人・社会に至る多様な脳情報に対し、センシングやシミュレーション技術を駆使して脳科学の課題解決に直接結びつけ、脳に学んだ新しい原理を新規のエレクトロニクスデバイスや情報処理方式に展開できる人材「ブレイン情報アーキテクト」を世界に先駆け養成します。

News

記事一覧

入試情報

2022年度の学生募集を行なっています。詳細はこちらをご覧ください。

先輩からのメッセージ

金澤直輝 (電気・電子情報工学専攻修了)
IBM東京基礎研究所

金澤直輝 (電気・電子情報工学専攻修了)
IBM東京基礎研究所

《「技術を創る」エンジニアに 》

私はグローバル企業の基礎研究所で量子ソフトウェアの研究開発をしています。日進月歩の競争の激しい分野ですが、世界中の拠点にいる優れた同僚と議論して創られたものが、世の中で使われていく様子にやりがいを感じています。リーディングプログラムでは、専攻と離れた脳科学という分野を履修した事で、思考の幅に広がりができました。多様な履修生と切磋琢磨してきた経験は、異なる意見を受け入れ、自分の解を見出す能力を培ってくれました。

(もっと見る)

ポスター

下記ポスターをクリックしてプログラムツアーをお楽しみください(プログラム履修生の作品です)。

   私たちは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています
© 2020 国立大学法人 豊橋技術科学大学